• 女性の装い展

    開催期間:平成29年10月4日~12月3日

    江戸時代から明治初頭にかけての長い間、
    女性の服装は、着物に日本髪というのが
    一般的でした。

    特に「簪(かんざし)」「櫛(くし)」「笄(こうがい)」
    などは、当時のおしゃれにかかせないものでした。

    鐙屋の女性を彩った装身具と今では
    あまり見かけなくなった和鏡をご紹介いたします。

    装い展 HP用

     

     

     


「旧鐙屋」は、酒田まちづくり開発株式会社が運営しています。